/

前橋市、新しい議会庁舎の開所式を開催

前橋市が建設を進めていた新しい市議会庁舎が完成し、29日に開所式を開いた。前橋市議会の小曽根英明議長は「市制施行130周年という記念すべき年に完成を迎えることは、大変喜ばしい」と式辞を述べた。

新庁舎は免震構造のコンクリート造りで、7階建て。延べ床面積は7420平方メートル。4~7階に市議会の議場や傍聴席、議会事務局などが入る。1~3階には市役所の本庁舎から防災危機管理課など一部機能を移転し、災害発生時の対策本部の機能を併設する。

前の市議会庁舎が老朽化したことから2020年9月に新庁舎の建設を始め、今年9月に完成していた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません