/

国産バナナ協議会発足 東北などの事業者ら18社

国内でバナナを栽培する生産者らで組織する国産バナナ協議会が29日、発足した。北海道や東北、関東、中国、四国、九州などの18社が参加した。栽培技術やブランドの向上に向け情報、課題を共有し、国産バナナの振興に役立てる。

同協議会は「雪国ばなな」のブランドでバナナを生産・販売する秋田食産(秋田県美郷町)が設立を呼びかけた。会長に就任した佐藤良一社長は「栽培を始めて丸3年になる。病害虫など課題も多く、早い段階からこうしたネットワークが必要と感じていた」などと説明した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン