/

コロナ分類見直し「工程提示を」 全国知事会が緊急提言

全国知事会は29日、奈良市で閉幕した全国知事会議で、新型コロナウイルスの感染防止策の緊急提言をまとめた。感染症法上の扱いの見直し検討を訴えたうえで、見直す方向を示す「ロードマップを早期に示すこと」を政府に求めた。新型コロナ禍が長期化するなか、医療と経済活動の両立をめざす。

感染症法は危険性の度合いなどに応じて感染症を1~5類に分けており、新型コロナは結核などと同じ「2類相当」となっている。医療機関は全ての患者を保健所に報告する「全数報告」が求められ、保健所は濃厚接触者を調べて特定している。

平井伸治会長(鳥取県知事)は閉幕後の記者会見で「ウイルスが変異するなら分類も変えるべきなのに、その手間を厚生労働省はサボっている」と批判。「感染対策を持続可能なやり方にしてもらいたい」と訴えた。

感染拡大時は感染者や濃厚接触者が急増し、医療や経済活動に支障が生じる。提言では療養や待機に要する期間の短縮を求めた。ワクチンを最後に接種してから一定期間内であれば、濃厚接触者の対象から外すことも盛り込んだ。

医療体制の見直しも提言した。感染が広がると、医療機関や発熱外来に患者が集中したり、医療従事者の感染で医療機関の運営に影響がでたりして、医療逼迫が生じる場合がある。提言では、季節性インフルエンザの発熱患者らを診察する診療所などでも、コロナ患者を診察・検査できるよう求めた。

ワクチン接種については4回目接種の対象拡充も盛り込んだ。現在は高齢者や医療従事者らが接種対象だが、経済活動の維持に向けて「接種を希望される方も対象に加えるよう検討すること」とした。

平井会長は公費負担のあり方については「治療やワクチンなどの予防手段は政府が全面バックアップして感染を抑えるという現状を維持してもいいのではないか」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン