/

この記事は会員限定です

災害時、栃木の商議所相互協力 重要さ増す広域対応

こだま

[有料会員限定]

梅雨のころ、その言葉は時折、天気予報に出てくる。そして本格的な夏から秋にかけて急に回数が増える。台風のことだ。7月には台風8号が日本に接近、上陸し交通などに影響が出た。宮城県に上陸するのは1951年の統計開始以来、初めてという。

近年、台風などにより各地で甚大な水害が発生している。栃木県では2019年10月、台風19号がもたらした大雨で河川が氾濫。佐野、栃木、足利市などで多くの事業所が浸水被害を受...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り799文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン