/

この記事は会員限定です

東京都、働き方改革に一歩 都庁でモデルオフィス試行

[有料会員限定]

東京都職員の働き方改革を狙うモデルオフィスが都庁内に新設されて、1カ月余りがたった。指定された座席、対面の事務連絡、紙の書類といった旧来の働き方を一変させる試みに戸惑う職員もいたが、仕事の迅速化などの効果も出始めている。モデルオフィスを都庁全体の働き方改革につなげられるかが注目される。

「ふらっと隣に座って話をしやすい」「集中ブースで仕事がはかどる」。席を固定しない「フリーアドレス制」を3月中旬に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り860文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン