/

徳島・佐那河内村がファンづくり ポスターなどでPR

徳島県で唯一の村の佐那河内村は、新たな村づくり事業の第1弾として「さなごうちファンショップ」の取り組みを始めた。村とゆかりのある県内飲食店に協力を呼びかけ、専用ポスターや農産品のサンプルなどを提供する。村のホームページやSNS(交流サイト)なども活用し、佐那河内村のファンづくりに本腰を入れる。

村は徳島市の南西部にあり、人口は約2000人で兼業農家が多い。3月に村役場の新庁舎ができたのを契機に、「村人である誇り」の醸成や村の伝統文化の保存などを柱とする新たな村づくりプロジェクトを始動させた。

今回用意した2種類のポスターには「Cibore 知恵しぼっていこう、佐那河内村」「Muke 一皮むいていこう、佐那河内村」のコピーを付けた。初年度は村とゆかりのある県内約45の飲食店にポスターなどを配り、佐那河内村のPRに一役買ってもらう。

2年目以降は対象を物販やサービス業などに広げ、3年後に合計140店との連携を目指す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン