/

阿波銀行、損保3社とSDGs包括提携 

阿波銀行は29日、国連が掲げるSDGs(持続可能な開発目標)に関連し、損害保険の大手3社と包括業務提携を結んだ。具体的な活動内容はこれから詰めるが、徳島県内の中小企業や学校向けにSDGsの啓発セミナーを開いたり、大規模災害や新型コロナウイルス禍に対応した事業継続計画(BCP)の作成を支援したりする方針という。

提携先は東京海上日動火災保険、三井住友海上火災保険、損害保険ジャパンの3社。同日に阿波銀本店で開いた調印式で長岡奨頭取は「SDGsを通じた地域貢献に、ぜひ各社の力を貸してほしい」と話した。災害対応や危機管理、事業承継など幅広い分野で損保各社の知見を生かす。

東京海上日動は中小企業の健康経営やBCP作成の支援などに力を入れる。三井住友海上は「災害対応を含めた『想定外のリスクに対するマネジメント』などに力を入れたい」という。損保ジャパンは独自に考案したカードゲームを活用し、企業や学校向けの啓発セミナーなどに取り組む考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン