/

この記事は会員限定です

四国4県、コロナ第6波対応に苦慮 重点措置巡り差も

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの第6波が四国4県でも急拡大している。感染力の強いオミクロン型を封じ込めようと、香川県はいち早く「まん延防止等重点措置」の適用に動いた。他の3県は重症者の少なさなどを理由に、現時点では飲食店への時短要請に慎重だ。まずは高齢者の3回目のワクチン接種を急ぐなど、感染の鎮静化に向けた取り組みに力を注ぐ。

香川県は2日から、まん延防止等重点措置の措置区域に直島町を加えて県内全域を対象と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1642文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン