/

この記事は会員限定です

米どころ新潟でスマート農業着々 官民で省力化探る

信越トピックス

[有料会員限定]

国内有数の米どころ新潟県で、スマート農業を活用した米作りが進んでいる。自治体をあげて実証実験に取り組む例があるほか、スマート農業による栽培面積を拡大して生産に取り組む農業法人もある。人口減少や農地面積の拡大で従来の手法での米作りが困難になる中、スマート農業による省力化が期待されている。

新潟県の北部の中山間地に位置する関川村。食用米を中心とした農業が基幹産業だ。その一方で、人口減少や米価の低迷な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1602文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン