/

この記事は会員限定です

群馬銀行深井頭取「脱炭素化、大きなチャンス」 

2022年 北関東トップに聞く

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍の影響が続く中、新常態への対応や産業構造の変化にも直面する北関東の企業。群馬銀行の深井彰彦頭取は、ビジネスマッチングや人材紹介、販路開拓などを通じ企業への伴走支援を続けると強調。将来へ向けた支援も進めていく年にしたいと意気込む。脱炭素化の流れは銀行にとって「大きなチャンス」と話す。

――2022年の群馬県内の経済をどう見通しますか。

「21年のように緊急事態宣言などが長期に適...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り932文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン