/

この記事は会員限定です

育て我が子のように 茨城・境町でワイン醸造の光山さん

人物ファイル

[有料会員限定]

茨城県境町の食品研究所「S-Lab」。ワインの瓶詰め作業を進めるのは光山久美子さん(56)。同町初の醸造施設の責任者だ。てきぱきと作業をこなすが意外にも「ワインを仕込んだのは今回が初めて」と話す。

ワインとの出会いは1991年。バイヤーとしてイタリアやフランスに出張。ワインの魅力に目覚める。ドラマで描かれるような「1杯のワインとの運命の出会いはなかった」が、「生産者と出会い、知れば知るほど知りた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り717文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン