/

外国人美容師の就労可能に、東京都が特区制度活用

東京都は28日、外国人美容師の就労を可能にする国家戦略特区の特例制度を活用すると発表した。都が国に提案してきた規制改革で、国が認めれば全国初の適用となる見通し。一定の要件を満たす外国人美容師の在留資格が最大5年間認められる。都は2022年度に就労が可能になるよう準備を進める。

国が28日開いた東京圏国家戦略特別区域会議で申請した。国内の美容師養成施設で学ぶ外国人留学生は美容師免許を取得しても就労が認められていない。ヘアサロンで日本の美容技術を学びたいとする留学生の声などを踏まえて、都が国に提案していた。

都は今後、監理実施機関の選定など外国人美容師の就労環境を整える。多様な外国人を呼び込み、東京の国際競争力を高める。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン