/

この記事は会員限定です

食用コオロギのグリラス、生産6倍に 国内外に養殖拠点

[有料会員限定]

徳島大学発のスタートアップ、グリラス(徳島県鳴門市)は食用コオロギの養殖事業を拡大する。年内にも徳島県内で養殖場を増設し、外部への生産委託も本格化させる。東南アジアにも自前の養殖場を設ける計画で、コオロギ粉末の生産能力を2023年末までに現在の6倍、年60トンに引き上げる。国内外の昆虫食への関心の高まりを背景に投資を加速する。

このほど第三者割当増資で2億9000万円を調達、一連の投資などに充て...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り937文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン