/

ジェトロ埼玉、中東向け商談会開催

ドバイのバイヤーと狭山茶の商談をした(28日、ジェトロ埼玉)

埼玉貿易情報センター(ジェトロ埼玉)は28日、中東への食品市場進出を目指す埼玉県内の事業者と海外バイヤーを引き合わせるオンライン商談会を開催した。埼玉県との共催で、県内商品をPRし販路拡大を後押しする。

同日は狭山茶の販売を手掛ける首都圏アグリファーム(入間市)など3社がアラブ首長国連邦(UAE)のドバイの現地バイヤーに自社商品を紹介した。同社の商談会では海外輸出にあたりパッケージにこだわった茶葉やティーバッグなどを紹介。商談後、同社の長沢英夫常務は「現地の人がどういう飲み方をするのか生の声を聞くことができ、今後の売り方を考えることができた」と手応えを話した。

ジェトロ埼玉によると、ドバイは近年、日本食レストランが増えるなど、日本からの食品の輸出先として期待できるという。商談会は26日から8月上旬にかけて5日間にわたって開催し、県内企業17社とバイヤー5社が参加する。今後はインフルエンサーを使ったプロモーション事業も検討するという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン