/

呉信用金庫など、地元食品メーカーの販路多様化を支援

呉信用金庫(広島県呉市)としまなみ信用金庫(同三原市)は28日、地元の食品メーカーの販路開拓を後押しするプロジェクトを8月から始めると発表した。専門家の助言をもとに商品のデザインなどを見直し、百貨店や高質スーパーに売り込む。食を通じて地域の知名度や存在感を高める。

広島県の呉市、竹原市、東広島市、三原市、大崎上島町の食品メーカー20社を選び、商品の魅力向上を後押しする。これらの市町は県内の主要な観光地に挟まれ、存在感が比較的低いという課題がある。

地域商社のジーブリッジ(大阪市)と連携し、専門家などを紹介。商品のデザインや容量などを見直し、新たな客層の開拓をサポートする。商品を改善した後は、首都圏の百貨店バイヤーなどとオンラインで商談会を開く。プロジェクトは2022年3月まで。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン