/

神奈川県小田原市、21カ所で人流解析 観光振興に活用

神奈川県小田原市は10月から、市内の観光スポット21カ所で電波受発信器(ビーコン)を使って人流解析を始める。市はデータ分析を生かした観光振興策を検討するとともに、その結果を市のホームページでも公開し、市内事業者のマーケティングなどに活用してもらう。

市によると、デジタル支援を手掛けるアドインテ(京都市)が開発したビーコンを使用。ビーコンは来訪者のスマートフォンのWi-Fiや近距離無線通信のBluetooth(ブルートゥース)を通じて年代や性別、居住地、回遊パターン、滞在時間などの情報を収集する。個人情報ではなく、匿名の情報として蓄積するという。

ビーコンは中心部の小田原駅前や小田原城周辺のほか、小田原漁港、小田原フラワーガーデンなど市内の幅広い範囲に設置。市は「人流のデータ分析で、より効果的な観光施策につなげたい」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン