/

この記事は会員限定です

父設立の造園業、次女が母から受け継ぐ アイキョー

私たちの事業承継

[有料会員限定]

アイキョー(東京都稲城市)は都内で土木清掃会社に勤務していた進藤重男氏が1989年に設立した造園会社だ。「公園や緑地造成の整備で仕事が増える」とみて多摩ニュータウン開発の最後発地域、稲城市で独立開業し、公共事業を中心に受注を伸ばした。

2009年に重男氏が病気で倒れ64歳で急逝。後継と目された取締役は会社への融資の個人保証を引き継ぐのを嫌がった。「従業員を守るには私が引き受けるしかない」。専業主...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り751文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン