/

JR西日本、岡山20酒蔵とミニボトル開発

JR西日本岡山支社と岡山県内の20の酒蔵が協力してミニボトル「OKAYAMA SAKAGURA COLORS(おかやま酒蔵カラーズ)」を発売した。各酒蔵が酒造好適米「雄町」など県内産の酒米に限定した商品を1銘柄ずつ用意し、統一感あるデザインに仕上げた。

赤磐酒造(同県赤磐市)の「桃の里 純米大吟醸」や難波酒造(同県津山市)の「作州武蔵 純米吟醸」など、1本100ミリリットルの飲みきりサイズにしている。価格は550~660円。20本セットにしたコンプリートBOX(箱代込み1万2540円)もある。

JR岡山駅の新幹線改札内や商業施設「さんすて岡山」、天満屋岡山本店などで扱う。地酒の魅力発信へ2020年から同様の取り組みをしており、これまでは各酒蔵1000本限定だった。土産などとして人気商品に育ってきたことから、一部酒蔵を入れ替えるなどリニューアルし、本数を制限せずに販売する。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません