/

エプソン、大容量インク印刷機で新機種 在宅需要深掘り

セイコーエプソンは28日、大容量インクタンク(エコタンク)を搭載した家庭用プリンターで新たに3機種4モデルを11月11日に発売すると発表した。新型コロナウイルス禍などでテレワークや自宅学習などによるプリンター利用が広がるなか、使い勝手を高めて在宅需要を深掘りする。

新発売の「EW-M754TW/TB」は本体が白色と黒色の2モデル。5色インクを搭載しており、インク交換無しで大量印刷が可能なうえ印刷コストも低いという。印刷を始めると排紙トレイが自動で開く機能なども加えて操作性を高めた。価格はオープンで、想定価格は4万円台半ばとなる。ビジネス利用にも向いた新機種も投入する。

プリンターの利用頻度が高い顧客に対する5年間のサポートサービスについて、エコタンクモデルも対象に加えた「カラリオスマイルPlus」を11月26日から始める。エコタンク搭載モデルの全額サポートプランは8800円で、修理が無料になり回数制限もない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン