/

伊予銀行、動画作成サービスを導入 研修や商品説明に

伊予銀行は28日、動画を簡単に作成できるクラウドサービスを7月1日から導入すると発表した。動画を簡単に内製できる体制を整えることで、動画の活用を促し業務の効率化やサービスの向上につなげる。行内の研修やホームぺージでの商品説明で使う動画の作成などを想定する。

新たに導入するのは4COLORS(横浜市)が提供する動画作成用のクラウドサービス「PIP-Maker」。プレゼンテーションソフト「パワーポイント」で作成したファイルを基に動画を作成できる。

銀行では住宅ローンなど必要書類が多く、手続きが複雑なサービスもある。これまでは文書や図で情報提供していたが、動画で説明することで手続きを円滑に進められると期待する。社内研修用の動画作成などでも活用して業務の効率化にもつなげる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン