/

この記事は会員限定です

埼玉県、段階的緩和方針決定 認証2万4千店で酒提供可能

[有料会員限定]

埼玉県は28日の新型コロナウイルス対策本部会議で、30日に期限を迎える緊急事態宣言が解除された後の段階的な制限緩和方針を決めた。期間は10月1~24日。これまで営業時間短縮や酒類提供自粛が続いていた飲食店などについて、県が認証する約2万4千店の飲食店や結婚式場で午後9時までの営業、午後8時までの酒類提供が可能になる。

飲食店のうち県が認証していない店舗については営業時間が午後8時までで、酒類の提供...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り464文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン