/

中小企業の福利厚生事業、民間に移管 埼玉・入間

埼玉県入間市は2022年4月から、市内中小企業従業員の福利厚生サービスを手掛けてきた入間市勤労者福祉サービスセンターを解散し、企業の福利厚生サービスを代行するリロクラブ(東京・新宿)に全面移管することを決めた。新型コロナウイルス禍に対応するため、窓口での手続きに代わり、パソコンやスマートフォンでも手続きができるようになり、利便性の向上が期待できるという。

入間市とリロクラブは福利厚生サービスの移管について協定を締結。リロクラブはこれまで同市勤労者福祉サービスセンターが担ってきた宿泊施設の割引券、各種施設の優待券などの発行業務を担当。会費は月額700円と従来と同じだが、サービス内容は大幅に拡充される予定という。

市勤労者福祉サービスセンターは市内中小事業者の福利厚生の充実に向け、1999年に入間市が設立。市内の318事業者から2120人の会員を集めていたが、近年は厳しい財政状況によりサービス低下と会員数減少が続いていた。新型コロナの影響で、対面での受付業務が難しくなったことも背景にあるという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン