/

栃木県、警戒度を最低の「感染観察」に下げ 31日から

栃木県は28日、新型コロナウイルスに関する県独自の警戒度を、最も低いステージ1「感染観察」に引き下げると発表した。期間は31日から。飲食店利用時の人数制限を緩和し5人以上も可能になる。福田富一知事は「県民は感染対策を徹底している店を選んでほしい」とした。

栃木の新規感染者数は1桁台程度で推移しており、病床使用率など医療機関の逼迫度合いを示す指標も落ち着いている。県民向けのプレミア付き食事券キャンペーンを11月10日から始めることも決めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン