/

福島県、「まん延防止」を全域に拡大 30日から

福島県は28日、新型コロナウイルス対策のまん延防止等重点措置の適用を県全域に広げると発表した。期間は30日から2月20日まで。既に適用済みの福島、郡山など5市以外でも感染が広がり、医療機関や保健所の業務が逼迫している状況を考慮した。県内54市町村で5市同様に、飲食店への営業時間短縮などを求める。

28日公表の県内の新規感染者は401人で過去最多を更新した。このうち既に重点措置適用済みの5市が6割を占めた。ただ、感染力の強い変異型「オミクロン型」による第6波について、内堀雅雄知事は「感染拡大のスピードは第5波と全く違う次元」と指摘。5市以外で感染がさらに広がりかねない状況に危機感を強めている。

飲食店への時短要請は、県が感染対策を認めた認定店の場合、午後9時まで(酒類提供は同8時まで)か、同8時まで(酒類提供は自粛)とする。非認定店にも同8時まで(酒類提供自粛)とするよう求める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン