/

千葉市、コロナPCR検査キットを市民に配布 8月末まで

千葉市は28日、新型コロナウイルスの感染者が急増しているため、市民にPCR検査キットを無料で配布すると発表した。市内の医療機関では発熱外来の予約が取りにくくなっており、キットの配布で医療機関の負担を軽減する。

8月5~31日に実施する。1日最大500件受け付ける。千葉市民で感染が疑われる症状がある人が対象で、1人1回まで。

専用サイトで申し込むと、委託事業者が検査キットを翌日以降に送付する。検体を採取して返送すると、到着から24時間以内に結果がメールで届く。陽性の場合は事業者が保健所に発生届を提出し、保健所が患者に連絡する。

検査は無料で検体郵送費のみ自己負担。同日記者会見した神谷俊一市長は「発熱外来の負担を軽減し、県と共同で実施している検査事業の補完、市民の検査需要に応える」と説明した。

感染再拡大を受け、千葉市は保健所の職員を増員し、自宅療養者を往診する医師らを3チームから4チームに増やした。高齢者・障害者施設の従事者に配布している抗原簡易検査キットは月1回の配布から月3回に拡充する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン