/

日清製粉グループ本社、埼玉の小学校で小麦学ぶイベント

日清製粉グループ本社は28日、さいたま市の市立辻南小学校で小麦について学ぶ「サマースクール」を開いた。ロシアのウクライナ侵攻などで小麦価格は高騰するなか、パンやピザなどの原料となる小麦粉に関心を持ってもらう。

児童ら15人が参加し、小麦粉と水を使って生地を作った後、手でもんで弾力性のもとになるグルテンを取り出す実験をした。小麦粉を扱う同社は小学校などに社員を派遣してイベントを実施しており、今後は福島県や岐阜県などでも開く予定。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン