/

この記事は会員限定です

埼玉で「困った老若男女」の居場所づくり 太田好泰さん

ひと彩たま

[有料会員限定]

子どもから高齢者まで、「困った老若男女」の居場所をつくりたい――。そんな強い思いでさいたま市の旧民家を改装し、4月に支援拠点「コンドウハウス」を開設したのがNPO法人新しい住まい方研究所(同市)代表の太田好泰さんだ。企業や行政を巻き込み、「介護者カフェ」「シニア食堂」などユニークな取り組みを打ち出す。

さいたま市緑区郊外の静かな住宅街の一角に、コンドウハウスはある。一見普通の住宅だが、壁に張られ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り599文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません