/

宮城・塩釜の阿部守商店、中川政七商店とタッグで新商品

水産加工の阿部守商店(宮城県塩釜市)は、加工で余った魚の切れ端などを活用した新商品「おさかなの素」を7月4日に発売する。若者でも食べやすいほぐし身を使ったお茶漬けと炊き込みご飯の2商品。環境配慮型の商品として打ち出すことで需要を喚起する。自社の電子商取引(EC)サイトで販売する。

商品の企画や販促では、生活雑貨や工芸品の企画製造販売を手掛ける中川政七商店(奈良市)と連携した。骨をとった身を食べやすくほぐした商品で、パッケージから出してすぐ食べられるような仕様にした。お茶漬けセットは3780円から、炊き込みご飯セットは3900円から。お中元やお歳暮などの贈答需要も見込む。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン