/

タケカワユキヒデ氏、さいたま市教育委員に就任

ロックバンド「ゴダイゴ」のメインボーカリストである音楽家、タケカワユキヒデ氏は28日、さいたま市の教育委員に就任した。任期は4年。旧浦和市(現さいたま市)出身のタケカワ氏は市を通して「(さいたま市教育委員に選任され)身が引き締まる思いです」とコメントした。

タケカワ氏は1976年にゴダイゴを結成した。タケカワ氏が手掛けた曲は「モンキーマジック」や「銀河鉄道999」など。これまで、さいたま市の歌「希望(ゆめ)のまち」や市立の学校の校歌を制作するなど、市に貢献してきた。

教育委員会では市立の学校で使う教科書の採択や規則の改正などを会議で扱う。タケカワ氏も今後は月に一度、会議に出席する。清水勇人市長は「教育委員として、さいたま市の子どもたちの夢と希望をかなえるため、ご協力をいただきたい」とコメントした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン