/

秋田県がDX推進 25年度まで4カ年計画

秋田県はデジタル技術を活用し、事業変革を進める2022~25年度のデジタルトランスフォーメーション(DX)推進計画をまとめ、28日の県DX戦略本部会議で正式決定した。今後4カ年で県の行政手続きをすべてデジタル化し、情報関連産業の売上高を約1.5倍に引き上げる目標も掲げた。

押印廃止やペーパーレス化などでオンラインにできる約2500件のうち、21年度までで6割の対応を終えた。今後、補助金や給付金の申請、各種の届け出など残りの4割も対応できるようにする。

情報関連企業のマッチングを進め、受注機会の拡大を目指すほか、デジタル技術に詳しい人材確保も支援する。こうした施策により、20年度に296億円(推計値)だった県内の情報関連産業の売上高を25年度には434億円に増やす計画だ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません