/

この記事は会員限定です

縄文遺跡群、世界遺産に登録 地域との共存課題に

[有料会員限定]

「北海道・北東北の縄文遺跡群」が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。北海道、青森、岩手、秋田の4道県にまたがる17遺跡が対象で、各地では観光など経済効果に期待が高まる。一方で近現代まで地中に埋まっていた「地味」な遺跡の見せ方や、景観保全など課題への取り組みが問われ始める。

「遺跡群を巡れば1万年の旅ができる」。世界遺産登録推進本部長の三村申吾・青森県知事は27日の登録決定後...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1287文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン