/

この記事は会員限定です

クラフトビール醸造所、東海は静岡首位 連携の動き活発

データで読む地域再生 

[有料会員限定]

東海4県(愛知、岐阜、三重、静岡)で、個性的なビール類を少量生産する「クラフトビール(地ビール)」の醸造所数が最も多かったのは静岡だった。全国でも4位に入った。首都圏に近い観光地を抱える強みがある。醸造所間の連携や、業界を挙げて盛り上げようとする動きが活発だ。大消費地の名古屋を抱える愛知は11位につけた。

データで読む地域再生

浜松市内の酒類・食品店「メルカート間渕」。10月8日から1カ月間にわたって開かれているイベン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1215文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン