/

この記事は会員限定です

白樺湖の観光再生へ、新たな過ごし方提案 仕事や内省も

信越トピックス

[有料会員限定]

湖畔でゆっくりと過ごしませんか――。新型コロナウイルスの流行以降、観光客数が落ち込む白樺湖(長野県茅野市・立科町)で新たな滞在方法を提案する動きが広がっている。テレワークが普及したことや、精神的な豊かさに価値を見いだす人が増えたことを受けて、レジャー施設を核としてきた従来の集客からの変革が進む。

白樺湖はバブル期に避暑地として知名度を高め、2000年ごろまで多くの宿泊客を集めてきた。その後は景気...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1463文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません