/

この記事は会員限定です

首都圏企業で「ワクチン休暇」広がる 自治体が助成も

ハッシュタグ

[有料会員限定]

新型コロナウイルスのワクチン接種日や副作用が起きた際に仕事を休める「ワクチン休暇制度」を新設する動きが、首都圏の企業で広がっている。従業員数が多く自社で職場接種を実施する金融機関など、大企業で導入が先行。自治体は中小・零細企業の従業員らも接種に伴う休暇を取得できるよう支援に乗り出している。

神奈川県内で不動産関連事業を手がけるウスイホーム(横須賀市)は5月の段階でワクチン休暇の導入を決めた。社員や...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1271文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン