/

この記事は会員限定です

建設業から香川特産キウイ栽培に参入、中野裕史郎さん

MyWay

[有料会員限定]

果樹のキウイの新品種を相次いで開発している香川県。フルーツ王国を目指す動きが盛んになる中で、キウイ栽培を手がける企業、キウイボム(高松市)が注目を集めている。代表取締役最高経営責任者(CEO)の中野裕史郎(47)は建設業から参入し、農業ビジネスに挑む。キウイのフルーツサンドの販売など6次産業化で経営を軌道に乗せようとアイデアを絞る。

「2021年にようやく黒字化できました」。中野社長は笑顔で、ゼ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り861文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン