/

金沢のCPU、建築CADで工務店のDX支援

ソフト開発のシーピーユー(CPU、金沢市)は工務店などを対象にした建築3次元CAD(コンピューターによる設計)の新製品を11日に発売する。物件に関係するデータをクラウドで一元管理し、住宅購入者らと情報の共有ができる新しい機能を持たせた。住宅営業の場面での紙を減らし、デジタルトランスフォーメーション(DX)を後押しする。

インターネット環境があればどこからでもアクセスし、入力したデータを専用のクラウドサーバーに保存できる。住宅の購入者ら顧客ごとに専用ページをつくり、完成予想のパースや図面、今後のスケジュールといった情報を載せることが可能だ。

住宅購入者が収納スペースへの関心が高いことに着目。新製品では住宅の床面積に対する収納面積の比率を算出し、収納部分について色で表示する機能も付けた。価格は55万円から。

同社は「住宅業界では紙による提案書や図面のやり取りなどアナログの手法が多かった。デジタル化による工程の変革ができれば、住宅営業のDXにつながる」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン