/

この記事は会員限定です

長引く不漁、漁業安全網にほころび 青森イカ漁で廃業も

[有料会員限定]

青森県でサバやイカなど主力魚種の記録的な不漁が続き、漁業者の収入を補償する共済制度が機能しにくくなっている。イカ漁では廃業の動きも出てきた。過去数年の漁獲平均で補償額が算出されるため、不漁が長期化すると目減りが大きくなる。燃料高騰など漁業経営の課題が山積するなか、共済制度の見直しを求める声が出ている。

「先を見通すと厳しく、廃船を決めた」。津軽海峡に面しイカ漁を主力とする大畑町漁業協同組合ではこ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1262文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン