/

AI救急相談アプリ、新潟県内全域で使用可能に

新潟県は28日、AI(人工知能)を使った救急相談アプリを同日から全県で使えるようにしたと発表した。24時間いつでもどこからでも気軽に相談できる体制を整える。

同アプリは、LINEで「AI救急相談アプリ」を友だち追加すれば利用できる。トークからアプリを開いて症状を入力する。チャット形式で家庭での対処方法や医療機関への受診の必要性などについて無料で相談できる。結果はすぐにわかり、医療機関などの検索もできる。

同アプリはBSNアイネット(新潟市)が開発。全県提供に先立ち、1月26日から3月末までの64日間、糸魚川市で実証実験をした。アプリでは緊急度を5段階で判定する。実証実験ではアプリの使用回数は1日あたり3.1回、直ちに医療機関を受診する必要性が少ない緊急度判定3以下が53%を占めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン