/

この記事は会員限定です

新素材CNF 静岡の製紙業界、産業化へ生みの苦しみ

しずおか現在・過去・未来 イノベーション再興㊥

[有料会員限定]

製紙業界が開発に力を注ぐ植物由来の新素材、CNF(セルロースナノファイバー)。家庭紙生産が盛んな静岡県でも各社が実用化に挑む。ただ高額がネックとなり普及が進んでいないのが現状だ。脱炭素の動きを追い風にCNFをビジネスとして飛躍させることができるのか。製紙各社が生みの苦しみを乗り越えようとしている。

静岡県富士市の老舗菓子会社、田子の月のどらやきは見た目はふんわり、中身はしっとりしている。秘訣は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1245文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン