/

この記事は会員限定です

まん延防止地域の病床使用率、10府県で50%超す

(更新) [有料会員限定]

変異した新型コロナウイルス「オミクロン型」の感染急拡大が続き、コロナ患者向けの病床の使用率が各地で上昇している。内閣官房の公開データ(27日時点)によると、「まん延防止等重点措置」を適用されている34都道府県のうち、10府県が50%を上回った。

まん延防止が適用される地域のうち、27日時点で病床使用率が最も高かったのは沖縄県の66%で、岐阜県や熊本県(いずれも59%)、大阪府(58%)が続いた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り543文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン