/

小池都知事、過労で入院 6月に続き

(更新)

東京都は27日夜、小池百合子知事が「過度の疲労で入院し、一週間程度の静養が必要となった」と発表した。静養中の公務は武市敬副知事が代理を務める。

27日の小池氏は終日テレワークの予定で登庁していなかった。26日は午後に都庁幹部らを集めた会議や東京五輪・パラリンピックのメダリストらの表彰式などに出席。同6時過ぎ、記者団の取材に応じた後、退庁した。

小池氏は6月22日にも「過度の疲労により、静養が必要になった」と発表して入院。同30日に退院し、7月1日から公務に復帰していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン