/

電子ピアノ、グランド超え追求 50年の進化とその先

新型コロナウイルス禍を受けた巣ごもり生活で、電子ピアノの販売が好調です。ヤマハ河合楽器製作所ローランドなど、浜松市に拠点を置く企業を中心に、企業が競い合い、大人も満足できるデザイン性や音質を追求してきたことも人気の要因です。誕生から約50年、その音や弾き心地はグランドピアノの高みに近づいている電子ピアノ。ただ、メーカー各社は音だけではない、その先も見据えます。今後は海外市場でも存在感をさらに高めていきそうです。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン