/

この記事は会員限定です

新潟酒販、ストーリーある酒で蔵を元気に 企画酒続々

信越企業攻めの一手

[有料会員限定]

酒類・食品卸売業の新潟酒販(新潟市)が新型コロナウイルス禍で苦境に立つ蔵元を活気づけようと、同社が企画した日本酒を新潟県内の蔵元で製造している。2021年12月に同社の女性だけで造った日本酒を発売した。他にも複数の蔵元の酒をブレンドしたり、早朝に搾った日本酒を新幹線で東京へ販売するなど取り組みは様々だ。ストーリー性のある商品で女性や若年層など幅広い層の支持を狙う。

21年12月に発売した「REA...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り977文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン