/

この記事は会員限定です

文理の枠を超え専門性深める 工学院大建築学部

UPDATE 知の現場

[有料会員限定]

工学院大学が国内初の建築学部を設けてから10年を迎えた。工学部内の建築関連2学科を合わせる形で発足し、戦略的に強みとなる専門分野を伸ばしている。社会科学や芸術など文理の枠を超えて、多様な人材を社会に送り出そうと教育面にも力を入れている。

新型コロナウイルス感染拡大で逼迫する医療現場。医師や看護師が奮闘する姿がテレビなどで映し出される。建築学部長の筧淳夫教授は病院建築の専門家として、「完全な隔離空間...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1098文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン