/

この記事は会員限定です

都内自治体、コロナで低迷のがん検診を啓発

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染拡大の影響で減少しているがん検診の受診者を増やそうと、東京都内の自治体が啓発活動を活発化させている。自治体の全世帯に受診を促すリーフレットを配布したり、駅に広告を設置したりして告知を強化。受診会場の感染対策をアピールするなど、安心して受診してもらえるように知恵を絞っている。

がんは日本人の死因で最も多い。4月末までに新型コロナで亡くなった人が累計で約1万人だったのに対し、がん...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り961文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン