/

この記事は会員限定です

東京都、震災被害想定見直し 住宅の耐震化 大詰めへ

News潜望展望

[有料会員限定]

東京都が「首都直下地震」など大規模地震の被害想定の見直し作業を始めた。現行の被害想定の策定から約10年がたち、住宅の耐震化や住民の高齢化といった環境の変化を正確に反映させる。2022年春にまとめる新たな被害想定に基づき、都は住宅耐震化の総仕上げや、災害時の高齢者の安全確保といった課題に取り組むことになる。

「地震防災には完璧な対策がない。『想定外』のことも想定して、災害に後手にまわらないようにする...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1183文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン