/

「三越徳島」10月15日開店 そごう跡に

徳島市と第三セクターの徳島都市開発(徳島市)は27日、JR徳島駅前のアミコビルに入居予定の百貨店が「三越徳島」の名称で、10月15日に営業を始めると発表した。高松三越(高松市)のサテライト店の位置づけで、2020年8月に同ビルから撤退したそごう徳島店の穴を埋めるかたちとなる。

売り場面積は約2500平方メートル。まずメインとなる2階部分で婦人雑貨やリビング雑貨などの販売を始める。イベントや外商サロンなどに使う5階部分を含めたグランドオープンは22年春の予定だ。アミコビルを運営する徳島都市開発は「(同ビルへの)テナント誘致の加速に期待する」とのコメントを出した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン