/

原子力規制委が中間報告 柏崎市長「掘り下げ分析を」

原子力規制委員会が27日に公表した東京電力ホールディングス(HD)柏崎刈羽原子力発電所(新潟県)に対する検査の中間報告を受け、柏崎市の桜井雅浩市長は同日、「掘り下げ分析してほしい」とのコメントを発表した。規制委は、相次いで発覚したテロ対策の不備は「柏崎刈羽原発に固有の問題」と判断。桜井市長は「ショックだ。なぜ柏崎刈羽だけなのか解明が必要」とした。

また、核物質防護を統括する責任者が他の業務を抱え管理体制が不十分だった点などを「組織論としてもお粗末」と非難した。

東京電力HDの稲垣武之柏崎刈羽原子力発電所長は中間報告を受け、「内容を真摯に受け止め、精査させていただき、今後の追加検査対応に生かしたい」と話した。規制委の「柏崎刈羽原発に固有の問題」という判断については、「核物質防護の関係者と鋭意対話を重ねている」とし、安全品質の改善を進めているとの認識を示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン