/

長野県信組、税引き利益13%増の51億円 21年3月期単独

長野県信用組合(長野市)が27日発表した2021年3月期の単独決算(速報値)は、税引き利益が前の期比13%増の51億円だった。本業のもうけを示すコア業務純益(投信解約損益を除く)は14%増の68億円。社債など事業債を中心に有価証券利息配当金が増えた。

3月末の貸出金残高は20年3月末に比べて6%増の3294億円、預金残高が3%増の9521億円だった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で一部の取引先の業況が悪化し、不良債権比率は0.16ポイント高い3.08%となった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン