/

東京、最多2848人感染 首都圏3県は緊急事態要請へ調整

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

新型コロナウイルスの新規感染者数が27日、緊急事態宣言下の東京都で過去最多の2848人となった。埼玉、千葉、神奈川を加えた4都県でも最多の4604人を確認し、1月がピークだった「第3波」を超えた。高齢者へのワクチン接種が進み、重症者は過去の感染拡大時に比べ抑えられているものの、病床逼迫の懸念も強まっている。

首都圏の3県は宣言に準じる「まん延防止等重点措置」が適用されている。千葉県の熊谷俊人知事は27日、3県一致を前提として28日にも国に宣言発令を要請する意向を表明した。3県知事は28日にオンライン会議を開き、最終調整する。

27日の新規感染者は、埼玉も最多の593人となったほか、神奈川が758人、千葉が405人。東京はこれまで最多だった1月7日の2520人を上回り、4都県の合計も同じく1月9日の4327人を超えた。連休明けを待って診察を受けた感染者が数字を押し上げた可能性もある。

都が発表した7月27日時点の重症者は82人。深刻な病床逼迫が起きた第3波のピーク時の160人(1月20日)、第4波の86人(5月12日)を下回る。重症化リスクの高い65歳以上のワクチン接種が、現時点で70%程度完了したことが背景にあるとみられる。60代以上が重症者に占める割合も1月は8割だったが、7月中旬には4割台に低下。逆に40~50代が2割から5割近くに上昇している。

都の重症者向け病床の使用率は25日時点で国の指標の「ステージ4(感染爆発)」に相当する56%に高まっている。都は28日に医療機関向けの説明会を開き、病床確保へ一段の協力を求める。

新型コロナ特集ページへ

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン